本文へ移動
 
0
3
2
7
0
2
ワークの表面に触れずに固定
ワークの表面に触れずに固定
表面全体が有効面のため、ワークのエッジを使い、固定します。
縦置きのため、出し入れがし易く、有効面を傷つけない形になっています。
 
TOPへ戻る