本文へ移動
 
0
3
2
7
0
2

入稿メディア

データを入稿する際は、確認用データ(PDE及びJPEG等のキャプチャー画像)を添付しzip形式データに圧縮して入稿してください。
下記ボタンから完全データ入稿ページへアクセスして頂き、完全データの注意点をよくご確認して頂いた上でご入稿をお願い致します。
データの容量等でメール添付できない場合は、無料のファイル転送サービス等をお使いください。
(例) ・宅ファイル便
   ・データ便
 
また、ご入稿していただく際、ご注文番号の入力が必要となります。ご注文確定メールをご確認ください。
 
上記以外のメディアでのご入稿をお考えの場合、必ず担当者に確認を取って下さい。
 
また、圧縮データのファイル名は御社名が分かるように半角英字でお願い致します。

入稿データ形式

Adobeアプリケーション
adobeアプリケーション
カラーはCMYK、画像解像度は実寸350pdi以上で作成してください。
加工品図面(カットデータ)はDXF、VLM、EPS、ARD のいずれかの入稿をお願い致します。
 
入稿時には必ず簡易出力(FAX)又はPDFデータの添付をお願い致します。
データの文字化けや破損がないか確認するためです。
 
使用OS・作成ソフト(バージョン)の記載をお願い致します。
 
デザインデータを依頼したい場合は、お問い合わせ後担当者と打ち合わせをさせていただきます。
※別途デザイン制作料を頂きます。
 
Word・Excel・PowerPoint等でご入稿をご希望の方はご相談ください。

その他

〈印刷デザインデータ〉
●フォントは全てアウトライン処理をお願い致します。
●抜き・カット線は別のレイヤーに分けて作成して下さい。
●データのカラーモードはCMYKで作成を、お願い致します。
●RGBで入稿された場合、CMYKに変換した際に色調が大きく変化する可能性があります。
●データ内に使用している画像データは製品データと一緒に、お送りください。
●黒色の部分は4色の合計が350%以下になるように作成してください。K100%に対してはCMY各50%以下でお願い致します。4色とも100%に塗ると印刷時に乾きにくい為、裏移りなどのトラブルが発生しやすくなります。
●トリムマーク(トンボ)をつけ、塗り足しを3mm(SPツールの場合は10㎜)以上にしてください。
●弊社のラベルは樹脂凸版印刷の為、細かい文字・印刷ケイ線は0.3pt以下・グラデーション等のアミ5%以下の印刷は特殊印刷になりますので、お問い合わせください。
 
〈加工品図面データ〉
●縮尺等されている場合は尺度の記載をお願い致します。

出力について

印刷時の色に不安がある方は色見本を同封ください。
添付いただいた色見本は返却できない場合があります。ご了承ください。
ご不明な点がございましたらこちらからご連絡ください。

用語Q&A

CMYKとは

色料のC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)のこと。
そのため、印刷データはCMYKで作成されます。RGBのデータをご入稿された場合、
CMYKに変換した際に色調が大きく変化する可能性があります。
 

アウトラインとは

 イラストレーター(Illustrator)上で、文字情報をパスで描いた図形に変換することを「アウトライン」と言います。データを開いたときに、パソコンに入っていないフォントが入っていると、代替フォントが割り当てられてしまうため、デザインが大きく崩れてしまいます。そのとき、アウトラインが掛けてあると、デザインが崩れることなく、データの受け渡しをすることができます。

樹脂凸版印刷とは

 樹脂の刷版(インクをつけて印刷する版)の印刷される文字や、絵柄部分が凸状に出っ張っています。そこにインクが乗り、紙に転写され作成する印刷技法です。印鑑と同じ原理の印刷方法になります。

解像度とは

 ディスプレイ、プリンター、スキャナーなどで扱う画像の細かさを表す尺度のことです。解像度の数字が高い程。自然により近い画質を得ることができます。
TOPへ戻る